トップページ お問い合わせ 近隣医療機関の皆さま

区民の皆さまへ

区民の皆さまへ

かかりつけ薬局とお薬手帳

病院・医院でもらった処方せんを、どこの薬局で調剤してもらってもかまいませんが、その都度別々の薬局に行くよりは、いつもひとつの薬局に決めると良いでしょう。
「かかりつけ薬局」を決めておくわけです。

ひとつの薬局を選んでおけば、体質や服用されている薬の情報もあるので、健康上の疑問や市販薬の相談なども気軽に相談することがスムーズにいきます。

また違う病院・医院でお薬をもらっても、すべてのお薬をひとつの薬局で把握できますので、飲み合わせの悪いお薬や、成分・効果が重なって出されたお薬がないか毎回チェックしてもらえるので、安心して薬を飲むことができます。

そこで便利かつ有効なのが「お薬手帳」です。
自分が飲んでいる、薬品名・用量・日数・用法・日付等を記録することが出来ます。
また以前起こした、副作用やアレルギーの有無・以前かかった病気等を記録しておくのもよいでしょう。
それを病院や医院・薬局に見せる事で、副作用のリスクを減らす事ができます。
旅行や災害時、急に具合が悪くなった時に、情報を正確に伝える事ができます。
最近では、スマートフォンアプリのお薬手帳も登場しております。
是非、ご活用ください。

お薬手帳スマートフォンアプリ
  • 一般社団法人 大阪府薬剤師会「大阪e-お薬手帳」詳しくはこちら
  • 公益社団法人 日本薬剤師会「eお薬手帳」詳しくはこちら

残った薬は、かかりつけ薬局へ相談

健康コラム
出典:北区広報紙 わがまち北区 2017年6月号掲載
参考:北区広報誌
http://www.city.osaka.lg.jp/kita/category/3077-5-0-0-0-0-0-0-0-0.html
ページの先頭へ